2017年12月20日

「キャンドルナイト」レポート

000.JPG
恒例の有志による「一発芸」大会、「キャンドルナイト」ライブ(冬)が無事終わりました。
今回も実に盛りだくさんで、16組の有志エントリーがありました!

くじ引きで決める出演順、今回のトップは「ヤスシ先生」!
001.JPG
もう、無くてはならない常連さんで、実はいろんな楽器を弾ける方ですが、
「夏のキャンドルはギター、冬はキーボード」と決めているようで、今回はキーボードでの
弾き語り♪高い音程も難なくクリアするボーカルで洋楽の名曲を聴かせてくれました♪

続いては、夏に続いての出演、牧野さんによる絵本の朗読。
002.JPG
絵本の朗読会を定期的に開いている牧野さんならではのチョイス。
大人も楽しめて、ちょっと考えさせられる内容でした!

そして「ライトニング・ソブクン」こと祖父江さん。
003.JPG
自分で改造した電気「オートハープ」!をスライド奏法で演奏&弾き語りするという、
まさに祖父江さんならではの試み♪ステキな響きがローソクの灯りにマッチしてました。

そして次は「セガサト117」佐藤カズヒコさんと私・セガワのコンビ
004.JPG
ほぼ独断と偏見による選曲(洋楽)を2人でアレンジし弾き語るという、ほとんど遊び心の
しかしながら結構まじめなチャレンジです。今回は、なんとストーンズにも挑戦♪

そして、「セガサト」の曲を始める前に「あらっち」に遠隔出演してもらいました!
もうずっと前から「せがわ」のライブに多大な協力を続け、キャンドルナイトにもほぼ皆勤だった
「あらっち」が突然の病にたおれたのがこの4月の事。
現在、青森の実家に戻りリハビリを続けている彼が、リハビリ施設でミニキーボードを使い
右手だけで弾き語った音源を送ってくれたのです!施設の夏祭り(?)でのライブ演奏との
ことでしたが、右手だけとは思いがたい、とてもしっかりして説得力のある弾き語り!♪
キャンドルナイトに来ていたみんなも「あらっち」の事はほとんど知っているので、
口々に「良かった!」とか「また会いたいな」とか、あったかい空気に包まれました!

さて、続きましては、畠山さん。夏はお休みでしたが、みごとカムバックです!
006.JPG
畠山さんの演奏(弾き語り)は、その前の「語り」もセットになっていて、今回は
高校時代の思い出から、当時と今の「青春」感の違いなどを、とつとつと語り、
尾崎豊の曲につなげるというストーリー性のあるものでした♪

そして次はキャンドルナイト初登場、大船渡の岩瀬さん!
005.jpg
言わずと知れたあの「秋刀魚だしラーメン・黒船」のマスターです!自分のお店でも時々
ライブイベントをやったりしているのですが、自身もなかなかのパフォーマーです♪
ギター弾き語りで力強い演奏、パワフルかつ良く通る歌声でしかと聴かせてくれました!

そして、こちらも初登場。大槌出身の平野さん。
007.JPG
あの大震災で、ご主人や多くのものごとを失い、花巻に移り住んで来た方。
今はとても前向きに、明るく元気に過ごしていますが、時々あの当時の模様を
語り継ぐ活動もされています。今回も自己紹介がてら震災の話をされ、思いの
こもった「百万本のバラ」をアカペラで歌ってくれました。

さらに初登場の「微将蓮」さんこと永野さん。
008.JPG
「お話しライブライター」として活躍中の方。事実を基にそれに沿った物語を作り、
誰にもわかりやすく伝わるよう感情を込めて語ります。やはり大船渡在住でしたが、
震災の影響から今は北上に移住し、各地で活動を続けています。

さて、たまたま沿岸ゆかりの方が3名続きましたが、次なる登場は
佐藤カズヒコさん。花巻在住の、いつもお世話になっている常連さんです!
009.JPG
キャンドルナイトではいつも自身のオリジナル曲を披露。今までもう何度も出演してもらって
いますが、いまだ同じ曲を演ったことはありません♪そうとう曲を作っている「つわもの」
です。今回も共感呼ぶ歌詞を高度なギターテクニックで2曲弾き語ってくれました♪

ここで、「花巻の歌姫」こと杉本摂子さん登場!
010.JPG
うちに来てくれるのは本当にひさしぶりです。さすがの歌声、さすがの歌唱力で
2曲。しかもアカペラで♪ 思わしくない体調が続いているとの事ですが、そんな
事を微塵も感じさせない熱唱で、場内みな引き込まれるように聴いていました!

さて、そんなほとぼりも冷めぬお次は「私」でした。
011.JPG
本当は「摂子」さんは「トリ」の予定だったのですが、時間が遅くなってしまうという事で、
この順番に。「摂子」さんの後でお茶を濁したとは思いますが、ギターインストを2曲。
普段のまま、あぐらをかいて弾いています。

そして次も初登場「中村まんけい」さん!
012.JPG
「宮沢賢治」が縁で知り合った「まんけい」さんはいろんな意味で先輩格の方。
それでも気さくにアカペラで「鉄腕アトム」やなつかしの歌を披露。会場からも
一緒のコーラスが♪ 語りも面白くて、大きな拍手をもらっていました!

ここでまた初登場の女性ミュージシャン「ロミオ」!
013.JPG
三陸町在住という彼女。遠野のギターリペアマン「スー」さんと、黒船のマスターと一緒に
「なぐりこんで」来てくれたのでした!その実力はなかなかたいしたもの♪洋楽と日本の曲
のカバーを弾き語ったのですが、声も良く、カバー以上に個性もにじみ出ていました!

そしてここで飛び入りは「コッコロ」マスター!
014.JPG
超人気で予約がとりづらいというレストラン「コッコロ」のマスター。土曜の夜という事
で、店が終わってから駆けつけてくれました!実はかなりの音楽通であり、ギターの腕も
はんぱじゃありません♪ 今回も意表をつくさすがの選曲で弾き語ってくれました♪

そして今回の「トリ」は佐藤ヒロコさん&佐藤カズヒコさんのデュオ
015.JPG
「あらっち」とのコンビで何度も出てくれていた「ヒロコ」さんですが、久々の登場。
ユニット名は「さとう」と「さとう」をあわせて「さっさ」。「カズヒコ」さんの
センスいいギター伴奏に合わせてしっとりと歌い上げました♪ 2曲目は「せがわ」
も加わって「さっさとせ」(急造ユニット)。多少やけくそに盛り上がって本編終了!

今回は16組のさまざまな歌や演奏、朗読があり、とても盛り上がり
内容も充実していたと思います!しかしこの時点で早や11時ごろ。ここから打ち上げです!
016.JPG
さすがに帰る方も多かったのですが、ここからまた盛り上がります!

017.JPG
「カツ・ウイズ・ツー・ユー」も合流!

018.JPG
伝説の佐藤さん「ライジング・サン」も炸裂!

020.JPG
ビートルズメドレーで盛り上がり、
019.jpg
サワダ氏も熱唱!
かくして冬至も近い長い夜は更けていきました!
あらためて、ご来場のみなさん、出演してくれた有志の方々、
盛り上げていただいた皆さん、ステキな夜をありがとうございました!


posted by 音楽のイベント情報 at 20:03| Comment(0) | ライブレポート

2017年12月11日

「キャンドルナイト」ライブ

恒例の「キャンドルナイト」ライブ!
参加者有志による「一発芸」大会!
この冬は12月16日開催です(19時〜)♪
飛び入り歓迎!サプライズもあるかもです♪
2017wintercandle.png
posted by 音楽のイベント情報 at 21:16| Comment(0) | イベント情報

2017年12月05日

落語とロックンロール!

11月25日に行われたお楽しみイベントは、
落語とロックンロールのダブルライブ!
shykiku001.JPG

shykiku002.JPG
まずは落語から。
真打ち・古今亭駿菊師匠登場
shykiku003.JPG
生粋の江戸っ子落語家ですが、「3.11」の大震災以降、
「被災地に笑いを」と足を運んで出前落語を続けています。
現在は、落語協会を脱退し、よりフリーな立場から、三陸や熊本の
被災地を廻りながら、都内でも独演会を開いているとの事です。
shykiku004.JPG
師匠の落語は「正統派」的。限られた時間配分だったのですが、
特に奇をてらうような感じではなく、次々とテンポ良く繰り出される
言葉でどんどん聞くものを引き込んでいく、さすがの話芸でした!

そして、ロックンロールは、
shykiku005.JPG
1年ぶりのshy(シャイ)さん♪
寒い日だったにも関わらず、半袖Tシャツで登場!
shykiku006.JPG
「エネルギー全開120パーセント!」という感じで、
聞く者にもその熱が伝わるパフォーマンス!
shykiku007.JPG
今回は新曲を交えながら、どんどん飛ばしていきます♪
shykiku008.JPG
写真はありませんが、はじめてブルースハープを吹きながらの
曲もあり、それがまた決まっていました!
shykiku009.JPG
相変わらずいい響きのウクレレでの弾き語りも!
もう還暦も近いというシャイさんですが、日々ロックし続け
いまだに進化が止まらない!という印象を強く感じました!

shykiku010.JPG
アンコールでは本邦初公開(?)駿菊さんとの「ロックン南京玉すだれ」も!
大船渡の復興屋台村のステージで出会った2人のダブルライブ、
温かい笑いと熱い歌に、寒さも吹き飛ぶ夜となりました!

shykiku011.JPG
打ち上げもまた盛り上がり、
shykiku012.JPG
こんな「芸」も出ました!



posted by 音楽のイベント情報 at 19:42| Comment(0) | ライブレポート